「割れ」とは?意味や使い方を解説!

割れ

今回は、インターネット上で使われている「割れ」について詳しくみていきたいと思います。

この使われ方は全く知らないという人もいるでしょう。

それでは、「割れ」の意味や使い方をご紹介していきます!

割れの意味

「割れ」の意味は違法データコピー「Warez」(ワレズ)を意味するインターネットスラングです。

違法に配布される「Warez」を「ウェアーズ」→「ワレズ」→「割れ」と誤読されたことが始まりとされています。

当時ネット回線で扱えるデータ量が少ないためデータを分割していたので、「分割」→「割れ」となり「ワレ」のなかでも「割れ」の字が当てはめられたとも言われています。

その他にもWarez行為を行う人のことを「ワレザー(Warezer)」と呼び、「違法ダウンロードコピー」されたものを「割れ物」とうこともあります。

もちろん「割れ」(違法ダウンロード)は犯罪行為であるのでしてはいけません。

日本の法律でも2010年1月1日より施行された「著作権法の一部を改正する法律」により違法なインターネット配信による音楽・映像を違法と知りながらダウンロード(複製)することが、私的使用目的でも権利侵害(著作権法違反)となっており、規制強化が進んでいます。

割れを使った文章・例文

1.「あいつ、割れしすぎて捕まったみたいだ」
2.「その映画無料でどうやってダウンロードしたの?割れしたの?」
3.「そのたくさんのゲーム全部割れ物だろ?」