「おま国」とは?意味や使い方を解説!

おま国とは

PCゲームの用語で出てくる「おま国」。

スラングで「おまえの国」の略というのはなんとなくわかりますが、

一体どういう意味なのでしょうか。

「おま国」の意味

「おま国」とは、「売ってるがお前の国籍が気に入らない」、または「お前の国には売ってやんねーよ」の略です。

読み方は「おまこく」「おまくに」どちらでもOKです。

何を売らないかというと、もちろんゲームです。

PCゲームのダウンロード販売をしている大手プラットフォーム「Steam」で、リージョン(国・地域)規制があるために特定の国にダウンロードサービスを提供しないことがあります。

他の国では購入できても、日本国内からはダウンロードできない商品やその現状を揶揄するスラングが「おま国」です。

Steam関係のコミュニティが発祥とされていますが、リージョン規制は他のサービスでも存在するので、同様の状況を指す言葉として、ゲームと関係ないところで使われることもあります。

しかも「おまえの国」と言いつつ、日本のゲームのメーカーが日本人を相手に行っている規制が主だったりします。

「おま国」が発生する理由

ではなぜ、「おま国」状態になるのでしょうか?

原因はいくつもありますが、簡単に取り上げていきます。

まず最初にいえるのは、「現状の流通との兼ね合い」です。

日本ではメーカーがソフトを小売店に売るときは、基本的に買い切り型です。

つまりメーカーは、ソフトを消費者に買ってもらえなくても、小売店に売った時点で利益が得られるのです。

ですからダウンロード販売が行われるソフトは、小売店が仕入れてくれなくなる可能性が出てきます。

そのためメーカー的には、買い切り型の既存の流通システムの方が都合がいいので、ダウンロード販売をしないのです。

海外は買い切り型以外に方法があるので、おま国がほとんど存在しません。

ダウンロード販売なら流通コストもないので、もっと安く売れるはずなのにわざわざパッケージソフトと同じ価格帯で配信しているのも、メーカーがあえてブロックしているというわけです。

そもそもダウンロード販売ばかりでは、国内のゲーム専門店やおもちゃ屋、家電量販店などの小売店も打撃を受けますよね。

「おま国」はそういったところに配慮する意味もあるのです。

次に大きい原因として、「機種による縛り」があります。

ハードのメーカーが「独占販売させるなら広告宣伝など協力します」と言ってきた場合などは、ソフトも特定機種のみで販売することがあります。

するとPC版は発売できなくなるので、おま国状態が発生します。

海外ではそうした縛りがないので、海外からならダウンロードできるというパターンになります。

他にも、海外のメーカーが言語の調整の関係で、「日本に代理店を置いていて、その代理店が意図的に購入できないようにしてある」パターン、Steam以外の配信サイトの利用を強制する、「競合プラットフォームの普及目的」などのパターンがあります。

「おま国」の派生語

「おま国」現象と似たようなものに、「価格が日本だけ高額」「日本語だけ省かれている」というケースもあります。

こうした現象はそれぞれ、「おま値」「おま語」と呼ばれています。

「おま値」とは、「お前の国にも売ってやる、ただし高額で」という意味です。
先述の通り、流通との兼ね合いがあるので、価格割れを防ぐためには仕方がないとも言えるかもしれません。

海外では、返品や価格を下げて売った際の補償がある(地域による)といわれます。
物価の違いもあるでしょうが、稀に日本のほうが安く買える、いわゆる「逆おま値」が発生することもあります。

一方「おま語」とは、「お前の国にも売ってやる、ただしお前の国の言語抜きで」の意味です。

それは海外メーカーで、わざわざ日本語訳を作るのが大変だからというケース。

購入そのものはできますが、日本語が未搭載で、日本語に翻訳するにもオリジナルのゲーム開発会社以外のところではやりにくいです。

訳するにもコストがかかるし、日本語以外ならそんなに売れないだろうからと日本語版を提供せずに終わってしまって、日本人はプレイできないという状況になるのです。

結局「おま国」状態ですね。

言語の違いは仕方ないと思いきや、もともと日本語に対応しているタイトルから日本語が削除される、つまり国内の販売元の思惑というパターンもあります。

きちんとマルチランゲージで開発されているのに、システムUIも字幕も吹替も、完全な英語のみの仕様になってしまうのです。

音声の場合は声優(所属事務所)の権利や費用上の問題といわれていますが、マルチランゲージ版から日本語を削除するのも手間なので、批判や疑惑の声もあります。

いかがでしたか。

「お前の国~」といいながら、ほとんどは日本のメーカーが日本人相手に言っているという不思議な状況が、
少しは納得いただければ何よりです。

ちなみに「おま国」でもゲームをダウンロードする方法もあるそうですが、違法なものが多いので止めておきましょう!