「クラスター」とは?意味や使い方を解説!

クラスター

IT用語に「クラスター」と言う言葉があります。

普段はあまり聞くことがない言葉ですが、かんたんに言うと1台のコンピューターでは出来なかったことを、複数のコンピューターで力を合わせて実現するためのシステムです。

快適なネットサービスを実現するのにひと役買っている「クラスター」とは何なのでしょうか。

これからご説明していきます。

クラスターの意味

「クラスター」とは英語で「集団・群れ」といった意味を表します。

今回ご説明するのは「クラスタシステム」と呼ばれるもので、複数台のコンピューターを連結させ、1台のコンピューターであるかのように振る舞わせるシステムのことを指します。

このようなコンピューターのシステムにすることを、クラスター化、またはクラスタリングと言います。

このシステムのおかげで、1台のコンピューターではできなかったことが可能になります。

クラスターには大きく分けて2つの目的があります。

負荷分散クラスター

1つ目は「スケーラビリティ」と言って、1台のコンピューターにかかる負荷を全コンピューターに分散させ、高い処理能力を持たせることを目的としたシステムです。

クラスター化することで1台に極端な負荷がかからないので、全体としては高いパフォーマンスを発揮できます。

複数のコンピューターに処理を分散することにより、1台当たりの負荷が少なくなり、全体的に処理効率がよくなるというシステムです。

クラスタは、各々ユーザーが自身で開発する場合と、ベンダーがサービスとして提供する場合があります。

HA(High Availability)クラスタシステム

2つ目は「アベイラビリティ」と言い、可用性を守ることが目的とされています。

可用性とは、システムが継続して稼働できる能力の事を指します。

1台のコンピューターが故障したとしても、故障に備えてあらかじめ待機していた別のコンピューターが、代わりに何事もなかったかのように正常に稼働し続けてくれます。

複数のコンピューターがある中で、「本番用」「待機用」に分けます。

もしいずれかの1台が障害を起こしても、「クラスタソフト」というミドルウエアが残りのコンピューターを正常なコンピューターに切り替えるので、障害から復旧させることができるシステムです。

これらのシステムのおかげで、大切なデータが失われたり、ネットサービスが使えなくなるなどの心配を減らすことができます。

クラスターを使った文章・使い方

1.サーバーに負荷がかからないようにコンピューターをクラスター化させる。
2.クラスターのおかげで、運営サービスが止まる心配が無くなった。