「おねショタ」とは?意味や使い方を解説!

おねショタ

みなさん、「おねショタ」という言葉を耳にしたことはありますか?

漫画が好きという人は聞いたことがあるかもしれませんね。今回は、「おねショタ」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

おねショタ の意味

「おねショタ」とは、年上のお姉さんとショタによるカップリングを表した俗語のことです。

アニメ「クレヨンしんちゃん」をイメージしてもらえるとよいでしょう。

言葉の条件としては、お姉さんに当たる人が少年から見て年上であり、少年に該当するショタはまだ思春期でない年齢であることです。

お姉さんの年齢は、25歳未満でショタの年齢は、5~12歳くらいと一般的にはいわれています。漫画やアニメでしばしば登場しますが、お姉さんのほうが体格が大きく描かれることが多く、精神的にも大人で余裕があって、少年を包み込んでくれる存在であるというのが特徴です。

一方で少年のほうは精神的に幼いわゆる「ガキ」といわれるような状態で、お姉さんにしばしばちょっかいを出したり嫌がらせをします。

お姉さんは、ショタのことを子供のようにかわいがり、母性本能からスキンシップを行いますが、ショタのほうが性に目覚めてしまうというのが基本的なパターンです。

例えば、お姉さんと添い寝をしたり、お風呂に誘われたりします。

おっぱいを揉んでも特に何もいわれないというシーンもありますね。

読者は小学生くらいの子供も多く、性的な描写には一定の配慮が必要となります。

おねショタ を使った文章・使い方

では、「おねショタ」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・今見ている漫画のおねショタのお姉さんがとてもタイプだ。
・おねショタ漫画のショタを描いてみた。
・おねショタは小学校の頃、好きでした。