「さかなみくん」とは?意味や使い方を解説!

さかなみくん

みなさん、「さかなみくん」という言葉を耳にしたことはありますか?

Youtubeが好きという人は聞いたことがあるかもしれません。今回は、「さかなみくん」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

さかなみくんの意味

「さかなみくん」とは、お笑いコンビキングコングの梶原雄太こと「カジサック」(Youtuber)の長男「冬詩くん」(とうじくん)が見たといわれている幽霊のことです。

冬詩くんは現在11歳になりますが、幼稚園時代の友達の中で「さかなみくん」と特に仲良くしていました。

カジサックは、その名前にインパクトがあると思い、息子にいろいろとたずねます。

「身長はパパより大きいよ」という息子の発言から疑念を抱くようになり、幼稚園の先生に聞いたところ、その幼稚園の元園長先生だったそうです。

幼稚園のことをとても愛していらっしゃって、自分が死ぬ直前まで園に出向いていたというエピソードがあり、園児たちの中で見たという子が何人か過去にいたといわれています。

また、長女のかんなちゃんが、冬詩くんが公園で誰もいないのにブツブツと会話をしているのを目撃しており、このときも「さかなみくん」としゃべっていたということです。

そのときはロシアのサッカーワールドカップについて話していたということがのちに分かります。

冬詩くんは、サッカーについてはほとんど無知で、ワールドカップの話が過去に出てきたことはなく、この話はどうやら本当なのかもしれないと周りに衝撃を与えました。

さかなみくんを使った文章・使い方

では、「さかなみくん」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・さかなみくんは悪い幽霊ではなさそうだ。
・さかなみくんに私も会ってみたい。