「マイニング」とは?意味や使い方を解説!

マイニング

みなさんはビットコインなどの仮想通貨が発行される仕組みをご存知ですか?

仮想通貨の新規発行には「マイニング」という作業が必要です。はじめて聞くという方もいらっしゃるかもしれませんね。

では「マイニング」とは何なのか、これから説明していきます。

マイニングの意味

「マイニング」とは

1.仮想通貨の取引を第三者が承認すること。
2.承認に協力した人に、報酬として新しく仮想通貨が発行されること。

このように2つの役割があります。

仮想通貨の代表として、ビットコインを例に挙げてみましょう。

ビットコインは株やFXなどと同じように、世界中で売買され取引されています。

実際の通貨と同じように取引されます。

しかし、ビットコインには不正を監視する中央銀行のような機関は存在しません。

では誰が不正を監視しているかというと、取引とは関係のない第三者によって監視されています。
この人たちが、取引が正しいかどうかをチェックし、正しければ承認します。

取引の承認があるから、ビットコインは通貨として信用され、安全に取引できるのです。

これが1.「仮想通貨の取引を第三者が承認すること」です。

取引の承認には、暗号化された取引をチェックするために、高性能なコンピューターを使って膨大な量の計算作業をしなければなりません。

途方もない労力をかけて計算し、一番に計算が終わった人に、報酬のビットコインが発行されます。
報酬のビットコインは、今まで世に出回っていなかった新規のビットコインです。

これが2.「承認に協力した人に、報酬として新しく仮想通貨が発行されること」です。

安全な取引のために「取引の承認」がなされ、それに協力したユーザーが報酬として「仮想通貨の新規発行」を受けます。

これが採掘作業に似ていることから「マイニング」と呼ばれています。

マイニングを使った文章・使い方

1.私はマイニングで生計を立てている。
2.マイニングにはものすごい電気代がかかる。