「ASP」とは?意味や使い方を解説!

ASP

パソコンにソフトウェアを導入する時に今までは、パッケージを買ってパソコンにインストールする、といった流れがほとんどでした。

パソコン1台ならまだしも、たとえば100台とかだったら、お金も労力もかかりますよね。
この悩みを解決してくれたのが「ASP」です。

パッケージを買わず、インストールしなくても良い時代がやってきたのです。

ではそんな気になる「ASP」とは何なのか、これから説明していきます。

ASPの意味

「ASP」とは「アプリケーション サービス プロバイダー」の略称です。

平たく言うとアプリサービスを提供する業者のことです。

利用者は、サービスを提供する業者のサーバにアクセスし、提供されているソフトウェアをネット越しに使うことができます。

提供されているソフトウェアには顧客管理、在庫管理、会計、コンピュータウイルスチェックソフトなど様々です。
企業向けから、個人向けのソフトなど幅広く取り扱っています。

このサービスの利点は、コストパフォーマンスに優れていて、設定する手間がかからないという点です。

1本何万円もするソフトウェアを、会社などの全てのパソコンにインストールせずとも、事業者のサーバーにアクセスさえすればいつでも使うことができます。

ほとんどのソフトが月額料金で提供されているので、初期費用が安いうえに追加で料金を支払う必要もありません。

また、ソフトのメンテナンスやバックアップも「ASP」側が対応してくれるので、利用する時に問題が発生しにくいということも利点のひとつです。

ただし注意点が2つあります。

1つ目は、「ASP」のサーバーにたくさんの人がアクセスすると、動作が重くなることがあります。

2つ目は、情報の機密保持を「ASP」側に任せることになるので、自社でセキュリティ管理ができないという点です。

ASPを使った文章・使い方

1.ASPを利用して、あたらしいソフトウェアを導入する。
2.あそこのASPはセキュリティが万全なので信頼できる。