「裏垢(裏アカウント)」とは?意味や使い方を解説!

裏垢(裏アカウント)

「裏垢」、漢字で見ると一瞬首をかしげるかもしれませんが、読んでみるとなんとなく意味が分かるかもしれません。

最近ではいじめなど社会問題としても取り上げられることのある「裏垢」について、その利便性についてもご紹介さていただきます。

裏垢の意味

「裏垢」とは「うらあか」つまり「裏アカウント」のことです。

自分が主として使っているアカウントとは別に設けたアカウントのことです。

アカウントを「垢」と表記するのはネットスラングに由来します。他に別アカ、サブ垢などと言われる場合もあります。

どういうときに裏アカウントを作るのか

「裏垢」はSNSなどで自分が発信した内容だと知られたくない場合や、逆に身内や特定の人達だけで共有するためとして作成されています。

中には予備として「裏垢」を持っていたり、画像や動画などをストレージしてスマホ容量を確保するために利用する人もいるようです。

最近では7人に1人「裏垢」持っているともいわれ、男性よりも女性の方が別のアカウントを所有している傾向にあるようです。

個人情報を守るためや同じ趣味仲間と共有するためなどに「裏垢」を用いる場合もあれば、「裏垢」を悪用している場合もあります。

その匿名性を利用して過激な発言をする人がいたり、いじめにつながったりというのが社会問題となっています。

裏垢を使った文章・使い方

1.同じアイドル好きの仲間と共有するための裏垢を作る。
2.裏垢で知人に悪口をつぶやかれていた。
3.裏垢を使って会社の愚痴を言う。