「ハッシュ」とは?意味や使い方を解説!

ハッシュ

「ハッシュ」という言葉を聞いたことがありますよね?

「ハッシュテーブル」とか「ハッシュ値」の「ハッシュ」ですね。

ここで紹介するのはIT用語としての「ハッシュ」です。この場合は「ハッシュ値」のことであり、ハッシュ関数から返される値を指しています。

こんな説明では分からないと思いますので、少し詳しく見ていきましょう。

ハッシュとは

ここからはIT用語としての「ハッシュ」について説明していきます。

すなわち「ハッシュ値」のことであり、英語だと「hash value」です。

意味はハッシュ関数から返される値であり、つまりは元データから作られる一見すると適当に見える数値となります。

これだけだとまだまだ分かりにくいですよね。「ハッシュ関数」が関係していますので、関数の予備知識から見ていきましょう。

関数とはプログラムを組む際の部品の1つです。

入力を受けて処理を行い、その後に出力をするというフローを踏みます。ここで入れる値を「引数」、出てくる値を「戻り値」呼ぶのです。

この関数の中に「ハッシュ関数」というものがあります。

関数なので引数と戻り値のフローとなるのですが、こちらの場合では引数から何の戻り値が出てくるか分かりません。

なぜなら、入れた数値から適当な数値を作り、その後出力されるので何が出てくるのかは分からないのです。

ただ、入れる値と出てくる値は必ず毎回一致します。

元のデータが同じなら、出力される戻り値である「ハッシュ値」は毎回同じということです。

このことより以下の特徴があります。

  • ハッシュ値より元データを特定することはできない(ほとんど)
  • 元データが同じであれば「ハッシュ値」は一致する
  • 元データが変わると、引数が同じでも戻り値の「ハッシュ値」は全く異なる

この3つが大きな特徴です。

ハッシュの使い道は?

ここまで読んで、なんとなく「ハッシュ」の仕組みが分かったと思います。

でも、使い道に疑問が残る方が多いのではないでしょうか?

「ハッシュ」の使い道はズバリ、「データチェック」です。元データが同じなら出力される「ハッシュ値」は同じでした。

つまり、途中でデータがおかしくなっていないか?を「ハッシュ関数」を使って調べることができます。

元データが変わっていないのに、同じ引数を入れると違う「ハッシュ値」が返ってきたらおかしいということですね。

このほかにも、キーと値をセットで管理するデータ構造の「ハッシュテーブル」などに利用されます。

ハッシュの使い方

1.「ハッシュ」関数は暗号など情報セキュリティ用途にも適する
2.「ハッシュ」値の計算の方法を教えてください