「PMO」とは?意味や使い方を解説!

PMO

「PMO」という単語を聞いたことがありますか?既に知っている、あるいは日常的に使用している方も多くいるかもしれません。

こちらはビジネス用語であり、仕事をする上でプロジェクトの推進には不可欠とも言えるものなのです。

そのため既に使っている方以外の方も、きっと今後耳にする機会があると思います。

組織として仕事に取り組む方なら、知っておいて損のない単語です。今回はそんな「PMO」について紹介していきます。

PMOとは

まず「PMO」が何の略語なのかから見ていきましょう。

「PMO」は「Project Management Offic」の略となります。

意味としては組織の中の複数のプロジェクトに関して、統括的に管理やサポートを行う機能や専門部署を指すのです。

また、そのままカタカナで「プロジェクトマネジメントオフィス」としても使用されます。

「PMO」はすなわち仕事の括りであり、内容はプロジェクトのマネジメント業務です。

具体的にはプロジェクト環境の整備、プロジェクトマネジメントのための人材育成などがあります。

このようにプロジェクトを統括的にサポートするための役割を、多岐にわたり担っているのです。

PMOの3つの役割

さらに具体的に「PMO」の役割は、3つに分けることができます。

1.PMOアドミニストレーター

データ収集、会議のコーディネート、書類作成や経理処理を行います。
事務担当としての、プロジェクトマネジメント業務を行う仕事です。

2.PMOエキスパート

プロジェクトの環境やルールを作ります。
そうしたものの策定のほかに、改善、標準化などを行い効率的にプロジェクトを推進できるようサポートする仕事です。

3.PMOマネージャー

「PMO」に関わるマネジメント業務の全般を担う仕事となります。

仕事の内容や、幅に関しては企業規模や業務内容により異なるのが一般的です。
また役割ごとに担当者を配置する企業もあれば、専任担当者が1人で行う場合もあります。
さらに自社内で「PMO」の配置が難しい企業のために、外部委託で「PMO」をサービスとして提供している企業もあるのです。

企業によってまちまちになりがちですが、なんにせよプロジェクトの推進には不可欠な役割や仕事であると言えるでしょう。
サービスとして提供する企業があるくらいですので、知らない方もいずれ耳にする機会があるかもしれません。

PMOの例文

1.「PMO」の具体的な仕事って、実際はどんな仕事をしているの?
2.最近プロジェクトメンバー間で、すっかり「PMO」という単語を耳にするようになった。