「ヲタ活」とは?意味や使い方を解説!

ヲタ活

「ヲタ活」という言葉をご存知ですか。最近はテレビでも耳にすることがあるかもしれません。

その意味をなんとなく分かる人もいれば、よくわからないという人も多いと思います。

ここでは「ヲタ活」について説明していきます。

ヲタ活の意味

「ヲタ活(読み方:おたかつ)」は「オタ活」とも表記され、いわゆるオタク的な活動をすることです。

実際には「ヲタ活」と呼ばれる活動の範囲・程度は定まってはいません。典型的な「ヲタ活」としてはアイドルのコンサートや握手会、同人イベント等に参加するといった活動があげられます。

また、参加するための交通手段や遠出であれば宿泊施設の確保もヲタ活といえるでしょう。同じ趣味(アイドルやアニメなど)をもつ人と語り合うのもヲタ活と考えられます。

他にも好きなアイドルが出ている番組を見たり、アニメを見たりと一言で「ヲタ活」と言ってもその範囲はかなり広範囲となっています。

以前は「オタク」と聞くとあまりいい印象を持たない方も多かったと思いますが、最近では世界にも日本の「アニメ」や「アイドル」文化は広がっています。

芸能人にも「オタク」を公言する人もいるなど、ひと昔の前の「オタク」に対する忌避感のようなものは薄れています。その分「ヲタ活」も身近になっているようで、テレビで見ることはもちろん、最近では100円ショップなどでも簡単に「ヲタ活」グッズが手に入ります。

ヲタ活を使った文章・使い方

1. 今月ヲタ活でお金を使いすぎた。
2. 最近の自分のヲタ活はアイドルの握手会に行ったことだ。
3. 最近仕事が忙しくてヲタ活をする暇がない。