「カジサック」とは?意味や使い方を解説!

カジサック

みなさん、「カジサック」という言葉を耳にしたことはありますか?

インターネットで「カジサック」と検索すると、日本の芸人の名前が出てきます。「カジサック」とどういう関係があるの?と気になる人もいますよね。

今回は、「カジサック」の言葉の意味や使い方について紹介していきたいと思います。

カジサックの意味

「カジサック」とは、漫才コンビのキングコングでボケを担当している梶原雄太さんの別名です。

2018年10月1日から、Youtuberとして「カジサック」という名前で活動を行っています。

2019年末までに、Youtubeの登録者数が100万人に達しなかった場合、芸能界を引退すると宣言したことでも話題になりました。

実際に自分自身が所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシーの社長に宣言を行う動画がYoutubeで公開されています。

「カジサック」のチャンネル登録者数は、2019年2月の時点で72万人。増加傾向にあります。

動画の内容としては、同じ職種である芸人やタレント、有名なYoutuberとコラボしてさまざまな企画を行ったり、対談の様子をアップしたものが多く、「カジサック」自身の家族が登場することもあります。

動画がおもしろいかどうかというのは賛否両論ですが、チャンネル登録者数が、2019年末までに100万人を超えるかどうかということと、「カジサック」の今後の活動内容にも注目が集まっています。

カジサックを使った文章・使い方

では、「カジサック」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・「カジサック」のトークがおもしろくて、つい何度も見てしまう。
・「カジサック」のお嫁さんがとても美人だ。
・「カジサック」こと梶原さんは、Youtuberとしておもしろいのか半信半疑だったが、今ではどっぷりとはまってしまった。
・「カジサック」家の家族の雰囲気が個人的には好きだ。