「性の喜びおじさん」とは?意味や使い方を解説!

性の喜びおじさん

みなさんは「性の喜びおじさん」をご存知ですか?

初めて聞く人にとっては、なんとなく危険な感じがしますよね。

特に気になる「性の喜び」とは一体何をさしているのでしょうか。

今回はそんな「性の喜びおじさん」について解説します。

性の喜びおじさんの意味

「性の喜びおじさん」とは「性の喜びを知りやがって!」と大声で独り言を話す様子が、Twitterに無断投稿されたことをきっかけに有名になった一般の男性のことです。

「性の喜びおじさん」が話題になったのは「性の喜び」からもわかるように、話す言葉のひとつひとつが抜群にセンスが良く、それが視聴者の心を惹きつけました。

容姿も西郷隆盛のような風貌で、首元に十字架のネックレスをつけていたことから見た目のインパクトも強く、ネット上ではたちまち人気者となりました。

Twitterからはじまり、動画が作られイラスト化もされました。

代表的な名言をいくつがご紹介します。

「性の喜びを知りやがって、許さんぞ!」
「あんなことこんなこと、ドラえもんみたいにやっとんだろ!」
「Weekend loverのくせに!」
「月曜日のマンデーに!」

本人が言うには、自分は23年間彼女がいないのでカップルを見ると腹が立ち、嫉妬と腹いせに暴言を吐いてしまう、とのことです。

泥酔している時にこのような暴言を吐くようですが、普通に話しかけると気さくな対応を見せていることから、必ずしも危険人物とは言えないのではという意見もあります。

ユーチューバーと共演したり、テレビの取材を受けるなどすっかり人気者になった「性の喜びおじさん」ですが、2017年3月に電車内で乗客とトラブルになり、死亡したという噂が流れました。

警察が身元を明かしていないため詳細は不明ですが、死亡を裏付ける証拠がそろっていることから、死亡したという説が濃厚です。

性の喜びおじさんを使った文章・使い方

1.性の喜びおじさんと一緒に写真を撮ってもらった。
2.渋谷を歩いていたら、性の喜びおじさんに遭遇した。