「エモい」とは?意味や使い方を解説!

エモい

若者言葉としてすっかり定着した便利すぎる言葉「エモい」。本来はどういった意味をもっているのでしょうか。

そのルーツをさかのぼっていけばロック音楽にまでたどり着きます。

今回はそんな大胆かつ繊細な言葉「エモい」について説明します。

エモいの意味

「エモい」とは何か感情が揺さぶられる経験をした時などに使われる言葉です。

語源は感情的な、情緒的な、を意味する英語「Emotional」から来ています。

「エモい」という言葉が急に使われだした理由は2つあります。

ひとつは現代の魔法使いこと、メディアアーティストの落合陽一氏がTwitterなどで頻繁に「エモい」と表現していることが若者の間で話題になったこと。

もうひとつは2016年に三省堂の「今年の新語 2016」で2位にランクインしたことがきっかけだと言われています。

はじめは2000年代に「エモ」というロック音楽のファンたちの間で使われていました。
感情的、情緒的な音楽に対して「エモい」と表現されていました。

しかし今では音楽の域を超えて、あらゆる物事に対して「エモい」と言われるようになりました。
若者言葉として、本来の意味から分岐していったのです。

たとえば「あの車がエモい」「あのラーメンがエモい」「あのバッグがエモい」など、
「かっこいい」「おいしい」「かわいい」の代わりに使われるようにもなり、特別な意味をもたない言葉として使われるようになりました。

この言葉の使い道を調べた団体によると「ヤバい」に似たニュアンスで使われることが多いというのがわかりました。

共通しているのは、なにか印象に残るできごとが起こった時に思わず出てしまう言葉ということです。

とてもカジュアルな表現なので、気軽に使うことができる言葉です。

エモいを使った文章・使い方

1.彼の書く詩はどれもこれもエモいものばかりだ
2.あのアーティストの髪型が最高にエモい