「ワロタ」とは?意味や使い方を解説!

ワロタ

有名掲示板から発祥し、今ではネット上のどこででも見かける「ワロタ」
知らない人はほとんどいないのではないでしょうか。

似たような表現に「w」や「(笑)」などがあり、笑いを表現する言葉の多さにはビックリしますよね。

今回はそのうちのひとつ、「ワロタ」について説明します。

ワロタの意味

「ワロタ」とは「笑った」という意味です。掲示板などに書き込みする時には半角で「ワロタ」と表現することが多いです。

「ワロタ」という言葉の語源は「笑った」→「ワラタ」→「ワロタ」と言葉遊びをする中で進化していったという説が有力です。

もうひとつは関西弁に「笑ってしまった」=「わろてもうた」という言葉があり、その言葉から関西の人が考えついたという説です。

使いどころは様々ですが、「~すぎワロタwww」「不覚にもワロタwww」など、驚きと同時に笑ってしまった時などによく使われます。
笑いを表現する「w」とセットで使われることもかなり多いです。

派生語に「めちゃくちゃ笑った」=「クソワロタ」という言葉もありますが、あまり品の良い言葉ではないので使うときは注意しましょう。

「ワロタ」と同じような意味で「ワロス」という言葉もあります。

「ワロタ」が笑ったという意味に対して、「ワロス」は笑える、面白いという意味になっています。
微妙に意味が違いますが。たいていは同じ意味として扱われます。

「ワロス」には「ワロス」<「ギガワロス」<「テラワロス」のように面白さの度合いを表す表現もよく使われ、バリエーションが豊富です。

どちらの言葉もネットスラング色が強いので、書き言葉で使われることがあっても日常会話で使われることはめったにありません。

もし会話で使う場合は引かれる可能性もあるので、相手を選んで使うようにしましょう。

ワロタを使った文章・使い方

1.久々にワロタ
2.客がクレームつけた瞬間土下座するの楽しすぎワロタw
3.この子犬の写真不覚にもワロタwww