「シンゴジラ」とは?意味や使い方を解説!

シンゴジラ

「シンゴジラ」をご覧になったことはありますか。久しぶりのゴジラシリーズでテレビ番組などでもたびたび話題に上がりました。

シンゴジラのについて

「シン・ゴジラ」は2016年7月29日に公開された東宝製作の日本映画で、ゴジラシリーズとしては約12年ぶり、29作目の作品になります。

総監督・脚本はエヴァンゲリオンシリーズで知られる庵野秀明が、監督・特技監督はゴジラの怪獣造形に関わってきた樋口真嗣が務めています。

音楽もエヴァを担当した鷲巣詩郎が務め、随所にエヴァ要素が組み込まれています。ちなみに「シン」には「新・真・神」の複数の意味が込められています。

キャッチコピーは「現実(ニッポン)対虚構(ゴジラ)」。これまでのゴジラ映画とは違った新たなゴジラ像に日本中が沸きました。また、ゴジラよりもそれに対する国(日本)の対応にスポットが当てられているのも特徴です。

シンゴジラは過去の作品とは関連はなく完全に独立した1作となっていますが、名前のゴジラが「大戸島(架空)の龍神・呉爾羅」から名付けられているという設定は共通しています。

また、これまでの作品と違い、ゴジラが第1形態から第5形態まで変化するという特徴があります。

第4形態の姿がお馴染みのゴジラの姿となっていて、映画のラストシーンで少しだけ映る尻尾(先端から人形生命体が分裂・群体化)が実は第5形態への変化の始まりです。

この雛形は幕張メッセで開催された「ワンダーフェスティバル2017」で初公開されています。

シンゴジラを使った文章・使い方

  1. シンゴジラ見たけどラストが怖すぎる
  2. シンゴジラのあの目はちょっと…