「やきう」とは?意味や使い方を解説!

やきう

「やきう」とは何かご存知ですか。言葉としてはピンとくるかもしれませんが、その使われ方は限定的です。ここでは「やきう」についてその使い方も解説していきます。

やきうの意味

「やきう」とは「野球」のことです。たんに通常の野球をさす言葉としてはあまり使われず、インターネット上の特定の人たちを表すときに使われます。

よく使われる表現として「やきう民」「やきうのお兄ちゃん」があります。これは2ちゃんねるの掲示板の中でも野球好きが集まる「なんJ(なんでも実況ジュピター)」から生まれました。

なんJはもともとテレビ番組を実況する掲示板でしたが、2009年5月に掲示板「野球ch(実況せんかいゴルァ!@やきうch)」が規制を受け、たくさんの利用者がなんJに移動したことで野球実況板になっていきました。彼らを区別するためもとからいたユーザーを「原住民」、野球chから移動してきた人を「やきうのお兄ちゃん」と呼びます。

その後なんJが野球実況chとして確立していくようになり、現在では基本的になんJ利用者を「やきう民」と呼ぶようです。

やきう民、やきうのお兄ちゃんと呼ばれる人たちは趣味・野球、口調・猛虎弁、性格・粗暴でダメ人間という設定をもっていて、相手がなんJ初見か判断する材料にもなっています。

ちなみにやきう民・やきうのお兄ちゃんを表現するキャラクターは、黄色い肌に飛び出した目ととがった口という「野蛮」を模したもので、カープのマスコットキャラクターをモチーフにしているそうです。

やきうを使った文章・使い方

1. やきうのお兄ちゃんはここから出て行って!
2. 自分、やきう民ですから