「ウェブページ(Webページ)」とは?意味や使い方を解説!

ウェブページ(Webページ)

日常的によく使われる言葉についてあまり深く考えることはないかもしれません。

「ウェブページ(Webページ)」はいろいろな場面で用いられています。詳しく考えていきましょう。

ウェブページ(Webページ)の意味

「ウェブページ(Webページ)」もIT社会である現代において耳慣れた言葉となっています。

Webページは、Web上で公開されている文書や画像・動画といった情報が1つのまとまりとして表示されている単位のことです。

ブラウザの画面に表示されているページを指します。

こちらはそれを開いたとき、その情報が表示されている画面が1つでも「Webページ」です。

インターネットという広い範囲においてみれば数多くの情報の1つであるからです。Webページが集まり「本」の役割となるのが「Webサイト」です。

ちなみに「ページ」はラテン語の「pangere(締め付ける/しばる)」からきており、その当時の紙であるパピルスを締め付けることを指します。それが現代の本や雑誌などの構成単位であるページを意味するようになりました。

ページの意味

「ページ(page/頁)」とは書物や帳面等の紙の一面を示します。

またそこを示す数字のことでもあり、「ページ」という言葉としては最初に思い浮かぶものかもしれません。

本などを構成する単位であり、あくまで複数存在するものとして扱われます。たとえ紙に文や写真が掲載されていても1枚であればページと呼ばれることはなく、それらは「チラシ」や「広告」といった別なものです。逆に複数存在すれば白紙であってもページと呼ばれます。

Webページを使った文章・使い方

このWebページ重くて開くとすぐにスマホが固まる