「PoE」とは?意味や使い方を解説!

PoE

ここでは「PoE」について説明をしていきます。まず「PoE」とは「Power over Ethernet」の略です。

読み方はアルファベットのまま「ピオーイー」と読みます。

「PoE」の「EであるEthernet」を理解しないことには、この単語を知ることは難しくなるでしょう。

「Ethernet」とはなにか?から見ていき、最終的に「PoE」とはなにか?に辿り着くようにします。

少し専門用語感が強いですが、通信機器などの技術の1つを指す単語です。覚えておくときっと役に立ちますよ。

PoEとは?Eについて詳しく知ろう

「PoE」とは、LANケーブルで電力を供給する技術のことを指しています。そしてこのLANケーブルに、「PoE」の「EであるEthernet」が深く関わっているのです。

ご存知かもしれませんが、先にLANケーブルについても触れておきましょう。

この「LAN」とは「ローカルエリアネットワーク」の略となり、近くの機器同士がデータ通信を行えるようにすることです。

つまりLANケーブルであれば、近くの通信機器同士を繋いでデータ通信を行うためのケーブルということになります。

ではなにが「EであるEthernet」と関係しているのでしょうか?

Ethernetとは?

まず「Ethernet」の読み方ですか、「イーサネット」と読みます。意味は規格のことを指しているのです。

そしてこの規格というのが、上で書いた「LANケーブル」に対してのものとなります。

様々な機器同士を繋げる役割を持つケーブルなので、どのような機器とも通信ができるようにする必要があるのです。そのための規格を「Ethernet」と呼びます。

そのため「LANケーブル」または「Ethernetケーブル」とも呼ばれるのです。

PoEとは?改めて考えてみよう

ここまでで「Ethernet」についても理解ができたと思います。

では改めて「PoE」について考えてみましょう。

「PoEとはLANケーブルによる電力の供給技術」と紹介しましたが、つまりは「LANケーブルでネットワークを構築しながら、電力の供給もできる技術」のことを指すのです。

少しメリットが理解できたのではないでしょうか?

そのメリットを整理していきます。

「PoE」のメリットは

  • コンセントが不要なので、場所をあまり選ばなくても電力供給が可能
  • コンセントの設置、増設工事が不要
  • 配線が少なくなり、管理や整理がしやすくなる

主にこの3つが大きなメリットと言えるでしょう。

少し専門用語感が強い言葉でしたが、技術の名前であり皆さんも使っている方も多い技術ではないかと思います。

覚えておいても損はありませんよね?

PoEを使った例文

  1. 「PoE」を使わないとコンセントの数が足らなくて大変なことになるよ
  2. 「PoE」って、名前を知られずに使われている技術として有名かもね。