「激おこぷんぷん丸」とは?意味や使い方を解説!

激おこぷんぷん丸

「激おこぷんぷん丸」この言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか?

知らない人にいきなり使っても、なんとか意味が通じそうな言葉ですよね!

でも、こんなユーモア溢れる言葉がいったいどこから生まれたのか、知っている人はあまりいないかもしれません。

そこで「激おこぷんぷん丸」の意味や由来、使い方などを紹介していきます。

激おこぷんぷん丸の意味

「激おこぷんぷん丸」の意味は、激怒している状態のことです。

ギャルが怒ったときの言葉として使われていて、2013年のユーキャン新語・流行語にも選ばれました。

この当時は一大旋風を巻き起こし、テレビのワイドショー番組などでも連日紹介されていました。

流行りすぎておじさん、おばさんまでもが使っていました。

六段階の活用がある

この他にも、「ギャル語怒りの六段活用」として6つの言葉があり、怒りの度合いの低い順に

1段階目「おこ」
2段階目「まじおこ」
3段階目「激おこぷんぷん丸」
4段階目「ムカ着火ファイヤー」
5段階目「カム着火インフェルノォォォォオオウ」
6段階目「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリーム」

となっています。

「激おこぷんぷん丸」は6つの中のちょうど真ん中になっており、最も使われることが多かったため流行語になったようです。

View this post on Instagram

 

僕は 激おこぷんぷん丸 の巻😆💦 お母さんと ケンカなぅ🐦💨🌠 ②の ミッキーちゃんの いないいないばぁ 遊びから 始まって ミッキーちゃんは楽しそうに😁💞 遊んどったけど🐤🌟 僕は なんだか 腹のムシが おさまらんと~😱💦 そんな時 あるやろ~❓😒 それにしても お母さんの 博多弁が過ぎるやろ~😁(笑)(笑)(笑) ぷんぷん丸 メイメイより🐤🎵🎵 #オカメインコ#インコ#怒ってても可愛い#怒り方が面白い#激おこぷんぷん丸#博多弁が過ぎる#字幕が必要#いないいないばぁ#遊び#だったのに#メイメイ怒ると#可愛いけん#やりたくなる#博多弁#オカメインコミッキーとメイメイ

オカメインコ ミッキーとメイメイさん(@cockatiel.love.satsuki)がシェアした投稿 –

激おこぷんぷんを使った文章・例文

どんな風に使えばいいのか使用例をご紹介します。

1.「それは本当に激おこぷんぷん丸ですよ!」
2.「やばい!早く帰らないと、親が激おこぷんぷん丸や!」
3.「毎日残業ばかりで、従業員みんな激おこぷんぷん丸なんだぞ!」

Youtuberのカズさんも使用

勝手に動画を使われてしまい怒っているときに使用したようです。

動画で解説