「オンプレミス」とは?意味や使い方を解説!

オンプレミス

「オンプレミス」というIT用語をご存知でしょうか?

この言葉は、多くの方がご存知だろう「クラウド」と区別するために使われます。

「クラウド」という単語は浸透していると思いますので、グッと近く感じるのではないですか?

「オンプレミス」は、つまり「クラウド」と比較して考えると分かると思います。またそれぞれのメリット、デメリットまで知ることでより理解が深まるでしょう。

今回は「オンプレミス」について、正しい意味や使い方を紹介していきます。

オンプレミスの意味は?

「オンプレミス」とは、サーバーやネットワークやソフトウェアなどを自社で導入して運用するという意味です。

以前ではインフラを自社で揃えることが一般的だったのですが、最近ではインターネット上の仮想サーバーである「クラウド」の利用が普及しています。このような背景から「クラウド」と区別すふために「オンプレミス」は使われているのです。

「オンプレミス」が自社のインフラであると理解したところで、「クラウド」についても簡単に理解しておきましょう。

「クラウド」とはデータセンターを自社に置かず、そのサービスをネットを経由して使うことです。

インターネットを通じて、自社外にあるサーバーへアクセスしてアプリやデータを利用します。

つまり「オンプレミス」との違いは、自社外のサーバーと契約をしてそこからデータなどを引き出す点にあります。

またサーバーはインターネット上の仮想のものとなり、申し込みをすることですぐにサービスを受けられるのです。

オンプレミスのメリットとデメリット

では「オンプレミス」のメリットとデメリットを見ていきましょう。こちらのメリットはすなわち「クラウド」のデメリットに、またデメリットは「クラウド」のメリットに繋がります。

まずはメリットです。

  • 自社サーバーなので、カスタマイズが自由に可能
  • 自社ネットワークなので、外部のサービスよりもセキュリティ面で安心
  • 社内の他のシステムと連携、統合が行いやすい

次にデメリットです。

  • 初期費用がかなり多額にかかる
  • 自社での1からの構築となれば、完成までに数ヶ月かかる
  • トラブルが起きた際には、自社で対応することとなる

このようにメリットとデメリットが、当然ながら存在します。

そしてこれらのメリット、デメリットは「クラウド」と相反するのです。またそれゆえに「オンプレミス」との対比として「クラウド」が使われています。

オンプレミスと似たものと違い

「オンプレミス」はサーバー運用の方法を指します。その点から観ると他にもサーバー運用の用語が出てくるのですが、その違いについても確認しておきましょう。

1つはハウジングです。
こちらは通信事業者のもとに自社サーバーを置いて運用することを指します。

もう1つはコロケーションです。
こちらは通信事業者同士が同じ場所に機器を置くことを指します。

最後の1つはホスティングです。
こちらはレンタルサーバーと同じように事業者からサーバーを借りることを指します。

サーバー運用などに主に使う用語ですが、それぞれで意味が異なりますので覚えておくと便利でしょう。

オンプレミスを使った例文

1.「オンプレミス」とクラウドの違いを教えてください。
2.「オンプレミス」での運用を考えているのですが、初期費用はどれほどかかるのでしょうか?