「天鳳」とは?意味や使い方を解説!

天鳳

麻雀好きであれば「天鳳」を利用したこともある方も多いかと思います。

ここでは天鳳について説明していきます。

天鳳の意味

「天鳳」は有限会社C-EGGが運営する麻雀のオンラインゲームです。

2006年6月より「半熟壮」としてサービスが開始され、2007年に「天鳳」の名前になりました。

2019年1月時点での登録人数約485万人にものぼり、数あるオンライン麻雀の中でもユーザー数やユーザーの雀力は最高水準と言われています。

原則無料でプレイすることができ、課金することで上位卓をプレイすることができます。専用のソフトなどをインストールせずにブラウザでプレイできることが最大の特徴となっています。

競技性の高さやレベルの高さから天鳳での段位で麻雀の実力を測ることも多く、実際複数のプロ麻雀団体が天鳳位によって入会試験の免除や高段リーグからの参加を認めた事例もあります。

段位やレートについて

段位は新人から始まり、9~1級、初段~十段、最高位の天鳳位となっています。着順によって1戦ごとにポイントが増減し、それによって級や段位が変動します。

2019年1月現在では天鳳位はユーザー数485万人に対しわずか12名です。

段位のほかにレート(R)のシステムもあります。レートは同卓した人数の平均レートと順位、試合数によって補正される数値で、レートが高い人に勝つほど数値が上がり、低いレートの人に負ければ数値が下がる仕組みになっています。

天鳳でプレイ可能な卓は位+レートによって変わり、新人~1級は一般卓、初段以上で上級卓、4段以上かつR1800以上で特上卓、7段以上かつR2000以上かつ有料会員で鳳凰卓でのプレイができます。

天鳳を使った文章・使い方

A「最近天鳳で初段にあがったんだ」
B「じゃあ上級卓使えるようになったんだね」