「fps」とは?意味や使い方を解説!

fpsとは?意味や使い方を解説!

皆さんは「fps」という言葉はご存知でしょうか?名前からしてピンとくる方も結構多いかも知れません。

ゲームやパソコンが得意な人なら知っているかも知れませんね。しかし知らない、ピンと来ないという方も多いでしょう。

今回はそんな、「fps」の意味について解説させていただきたいと思います。

fpsの意味とは

fpsとはフレームレート(FPS)もしくはファーストパーソン・シューティングゲーム(fps)の略である。

フレームレート

フレームレートは動画の滑らかさを決める要素です

パラパラ漫画やアニメを作った際に「20枚の絵や作画を10秒かけて見る」のと「200枚の絵を10秒かけて見る」のとでは、後者の方がなめらかな動きになることは予想できますよね。

この、なめらかな動きを決める要素が「フレームレート」といいます。

このフレームレートの高さや低さをfpsをつかって表します。

ファーストパーソン・シューティングゲーム

ファーストパーソン・シューティングゲームとは主にシューティングゲーム等で、主人公の本人(第一者)視点でゲーム中の世界・空間をプレイヤー自身が操作して移動でき、武器もしくは素手などを用いて戦うアクションゲームのスタイルです

銃を使うゲームのため血の表現や暴力的な表現が多くなり、一部の国ではプレイが不可能で、日本ではR18指定のものがほとんどである。

なお1人称視点はFPS(ファーストパーソン・シューティングゲーム)といい、3人称視点の銃撃戦ゲームなどはTPS(サードパーソン・シューティングゲーム()という。

fpsを使った文章

  1. FPSが低くて動きがガクガクする。
  2. このゲームは60fpsでプレイできるから快適だ。
  3. fpsのゲームだ相手に負けてしまった、悔しい。