「あべりょう」とは?意味や正体を解説!

あべりょうとは?意味や使い方を解説!

皆さんは「あべりょう」という言葉はご存知でしょうか?名前からしてピンとくる方も結構多いかも知れません。

youtubeを頻繁に見る方なら知っているかも知れませんね。しかし知らない、ピンと来ないという方も多いでしょう。

今回はそんな、「あべりょう」の意味について解説させていただきたいと思います。

あべりょうの意味とは

あべりょうとは時差ネタをテーマに、風刺を込めた曲を作っている、顔や本名等一切不明のアーティストです。

2010年から楽曲をリリースしており、そのうち10曲以上はテレビ番組などとコラボシています。

アルバム自体は2015年がリリース最後となり、その後はyoutubeなどの広告で曲を公開するようになりました、広告費は推定10億以上。

「テポドンの核弾頭が発射」から始まることで有名な核攻撃サバイバーの歌詞は「1分で生きると覚悟を決めろ」、「2分で上着を着て水を持て」、「3分で地下鉄に走り出せ」と生き残るための具体的な行動を示すような一種独特な歌詞となっています。

有名な曲は「核攻撃サバイバー」「ナパーム弾」「痴漢冤罪サバイバー」「日本の子供が嫌い」等

一体どこから億単位の宣伝費が出てくるのか、一体どんな人物なのかも一切謎である。

メッセージ性の強い歌詞には、不快だと感じる人やおもしろいと支持する人などそれぞれの色々な人がいるようです。

あべりょうの正体は神王リョウ!?

  • 大量の宣伝費
  • 声の質

から、あべりょうの正体は神王リョウなのでは?と巷では噂となっていた。

神王リョウ氏はスパイダー投資法で30億円を稼いだ点で有名なので、大量の宣伝費はここから来てるのではないかということです。

加えて、実は歌手を目指していたそうでYouTubeチャンネルの神王TVでは神王氏の歌ったであろう音楽が流れることがある。

その歌を聞くと声質は確かに似ているが完全に一致というほどでもないので判断に困るところではある。

あべりょうを使った文章

あべりょうの「核攻撃サバイバー」は本当に素晴らしい曲だ。

いつかはあべりょうの様な謎に包まれたアーティストになりたい。

私はあんまり安倍亮の曲は好きではない。

あべりょうとは「核攻撃サバイバー」で有名なアーティストだ。

あべりょうの素顔は全て謎に包まれている。