「役割論理」とは?意味や使い方を解説!

役割論理

「役割理論」という言葉を知らない方でも任天堂ゲーム、ポケットモンスター(ポケモン)をプレイされたことがある方は多いのではないでしょうか。

ポケモンと何か関係があるのか、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

じつは「役割論理」とはポケモンで対戦する時に使われる戦術のことを指します。

ポケモンをプレイされたことがある方もない方も、この機会に「役割論理」という言葉について理解を深めてみましょう。

役割論理の意味

「役割論理」とはポケモンバトル(ポケモン同士の対戦)で使われる戦術名のひとつです。

戦術についてざっくり説明すると、火力(攻撃力)の高いポケモンを使い、次々に交代される相手ポケモンに負担をかけ、相手により多くのダメージを与えて勝利を目指すという戦い方です。

そして「役割論理」はネタとしての要素も非常に強いです。

戦術を信仰する人たちのことを「役割論者」と呼ばれ、そうでない人を「異教徒」と呼びます。

「役割論者」は「ロジカル語法」と言われる特殊な話し方をします。
「ロジカル語法」とは、~ですぞwww、~以外ありえませんなwww、んんwww、などのような話し方のことを指します。

「役割論理」の攻略サイトでは必ずといっていいほどこの「ロジカル語法」で説明がなされており、「役割論者」以外にはとても読みづらいものとなっています。

また、「役割論理」を意識したポケモンのパーティのことをヤーティ。
ヤーティ内のポケモンをヤケモン。

ヤケモンには頭に「ヤ」がつく名前が与えられます。
たとえばピカチュウがヤーティ内のヤケモンだとしたら、「ヤカチュウ」のようになります。

このようにネタ要素がとても強い「役割論理」ですが、戦術そのものは理にかなっている部分もあるため、一定の人たちからは支持されています。

役割論理を使った文章・使い方

1.「んんwww役割論理を知らないとは勉強不足ですぞwww」
2.「んんwww役割論理以外の戦術なんてありえませんなwww」