「ブンブンハローユーチューブ」とは?意味や使い方を解説!

ブンブンハローユーチューブ

日本一有名なユーチューバー Hikakinの決めフレーズ「ブンブンハローユーチューブ」

独特なパーカッションと低音で、とても印象に残るフレーズですよね。

最近はテレビにもよく出演するようになり、おなじみのフレーズを聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

今回はあの印象に残るフレーズ「ブンブンハローユーチューブ」について解説します。

ブンブンハローユーチューブの意味

「ブンブンハローユーチューブ」とはユーチューバー Hikakinの決めフレーズで、動画の冒頭で毎回披露されています。

今でこそ有名なフレーズになりましたが、初期の動画では「ブンブン」だけだったり「ハローユーチューブ」だけだったりと、動画によってバラつきがありました。

また、初期の「ブンブンハローユーチューブ」は早口で言っていたことが原因で、視聴者から「ガルニーチューブって何ですか?」と指摘されたともあると本人は明らかにしています。

その後は初めて動画を見る人にも分かるように、ゆっくりと発音するようになりました。

有名になるにつれ、真似をする人も出てくるようになりました。

あの独特な言い回しは喉ベースというヒューマンビートボックスの技術を使って発音しています。

喉ベースのやり方はHIKAKINチャンネルで本人解説の動画も投稿されています。

HIKAKIN自身も最初のころは「ブンブンハローユーチューブ」をやりずぎて喉が痛くなったと言っているので、やりすぎには注意が必要です。

今現在のHIKAKINは「回数を重ねるごとにだんだんうまくなってきた」と言っており、よっぽどのことが無い限り喉を傷めることなく、一番ベストな「ブンブンハローユーチューブ」を届けることができると言っています。

ブンブンハローユーチューブを使った文章・使い方

1.「ブンブンハローユーチューブ、どうもHIKAKINです」
2.「ブンブンハローユーチューブ、シュルルルル(ヒューマンビートボックス)」