「小説家になろう」とは?意味や使い方を解説!

小説家になろう

みなさん、「小説家になろう」という言葉を耳にしたことはありますか?

普段本を読むのが好きという人は、耳にしたことがあるかもしれません。

今回は、「小説家になろう」の意味や使い方について紹介していこうと思います。

小説家になろうの意味

「小説家になろう」とは、株式会社ヒナプロジェクトが立ち上げた無料の小説の投稿サイトのことを指します。

オンライン小説や携帯小説などを掲載していて、掲載数は60万作品以上、サイト登録者数は、140万人以上にも及びます。

小説を読むのが好きという人や、アマチュア作家、オンライン作家、プロ作家、出版社、小説業界の方、実際に作品を書いて掲載したいという人まで幅広く利用されているサイトです。

そのため、まだ世に出ていない作品を読むこともできます。

また、読んでいる小説のお気に入り登録ができたり、読みかけの小説にしおりをはさむ機能など、ユーザーが利用しやすいように工夫されているという特徴があります。

実際に「小説家になろう」に小説を投稿して、文学賞を受賞したり、有名になったという人もいます。

そして、サイトに投稿された作品がその後書籍化され、アニメ化されたという事例も存在します。

スマートフォンやパソコンでいつでもどこでも見ることができるため、多くの人に利用されています。

実際に人気になった作品

Re:ゼロから始める異世界生活は一番有名なのではないでしょうか。

2016年4月からアニメ化して一気に人気が爆発しました。

小説家になろうを使った文章・使い方

では、「小説家になろう」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・書いていた作品が仕上がったので、「小説家になろう」に投稿してみた。
・「小説家になろう」で読んでいた小説が、賞を受賞していて驚いた。
・「小説家になろう」で連載小説を書き始めた。