「ドン勝」とは?意味や使い方を解説!

ドン勝

ドン勝という言葉を日常生活では、ほとんど使うことがないのではないでしょうか?

「そんな言葉聞いたことないよ!カツ丼の間違いじゃないの?」って思う人も少なくはないと思います。一体どういう意味も持った言葉なのでしょうか?

使われる場面は、バトルロイヤルゲームのPlayerUnknown’s Battlegrounds(PUBG)というPCゲーム内や、他のバトルロイヤルなどで使われています。

ドン勝つの意味

ドン勝つとはバトルロイヤルゲームのPUBGで、最後の一人になるまで生き残ることをいいます。

日本ではそれが定着し、他のバトルロワイヤルゲームでも「ドン勝つするぞ」「初めてドン勝つできた」という風に使われるようになりました。

元々、PUBGは海外のゲームで英語版だと「WINNER WINNER CHICKEN DINNER!」と表示されますが、日本語版になると「勝った!勝った!夕飯はドン勝つだ!」と表示されます。

なぜ、CHICKEN DINNERの部分がドン勝つという言葉になったのか不思議ですよね!

その理由は色々と憶測が飛び交っていましたが、PUBGの開発会社のSammie poopieQueen氏はTwitter上で「その訳は間違いだ」というツイートをしました。

しかし、多くのプレイヤーから「ドン勝つの表記を変えないでほしい」という要望を受け、今後も「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!」という表記を変えないこともTwitter上でつぶやきました。

ドン勝つを使った文章・例文

ここでドン勝つの例文を3つ紹介したいと思います。
1.「勝った!勝った!今日の夕飯はドン勝だ!」
2.「今日は絶対ドン勝つするぞ!」
3.「あと一人倒したらドン勝つとれるよ」

動画で解説