「トゥルーエンド」とは?意味や使い方を解説!

トゥルーエンドとは

ハッピーエンド、バッドエンドなど、物語の最後の展開を表す「○○エンド」。

その中に「トゥルーエンド」もあります。
どういう意味かわかりますか?

トゥルーエンドの意味

英語でTrueは「真実の」、 Endは「終わり」。
つまりトゥルーエンドとは、そのまま「物語の本当の結末」です。

マルチエンディング、つまり結末がいくつか用意されているゲームの世界では、
どのパターンを選んだかによってエンディングが変わるものがあります。

その中で特に、ゲームの製作者が「物語の真実」としているものを
トゥルーエンドと呼びます。

もちろんマルチエンディングのゲームにも、
中にはトゥルーエンド扱いされるものがない作品もあります。
その場合は、ゲームを実際にやった人が選んだエンディングがトゥルーエンドになります。

また、製作者がトゥルーエンドに据えたものより、
プレイヤーが一番見たいと思ったものが、後になってトゥルーエンド扱いされることもあるそうです。

トゥルーエンドはハッピーエンド?

基本的にトゥルーエンドは、多くの場合ハッピーエンドの一種です。
しかし製作者側が考えた「真実」なので、あくまで「理想的な終わり方」扱いになります。

ですから、物語の終わりとしてはまとまりがよくても、
登場人物的にはバッドエンド、というケースもあります。

反対に、ゲームのプレイヤー側からすればバッドエンドでも、
登場人物からしてみればそんなに悪い結末でもない、というケースもあります。

また先述の通り、プレーヤーが望むエンディングが製作者の意図より優先されて
トゥルーエンドになることもあります。

そこで「製作サイドのトゥルーエンドがあまりにも悲劇的だから」とみなされれば、
プレイヤーが「ハッピーエンドになる別の選択肢こそトゥルーエンド」として、
必然的にバッドエンドが排除されることもあります。

もっとも、シリーズもののゲームだと、
どんなにプレイヤー的に納得できないトゥルーエンドでも、
次回作に続けるためだから仕方がない、という場合もあります。

また、アニメ版ができたためにストーリーを再構成したり、
追加要素ができたために矛盾が生じたりで、
あえてトゥルーエンドが描かれないこともあるようです。

おめあてのキャラクターでなく別の相手と結婚させられたり、
冒険の途中で死んでしまったお気に入りのキャラクターが生き返らなかったり、
悲劇の程度はよりけりですが、
トゥルーエンドは必ずしもハッピーな「ベストエンド」とは限らないのですね。

トゥルーエンドの使い方

ゲームをあまりしない人、特定のゲームしかしない人、
ゲームそのものに興味がない人にとっては、
「トゥルーエンド」は日常的に使う言葉ではないかもしれません。

でも「これがトゥルーエンドなんて納得いかない」
「このトゥルーエンドは悲しすぎる」
「自分的にはこのルートこそがトゥルーエンド」など、
ゲームの話題に使われることがあります。

(トゥルー?なにそれ普通のハッピーエンドと何か違うの?)と混乱しないよう、
きちんとトゥルーエンドの意味を押さえておくと安心ですね。

また、ゲームをしない人でも、マンガやドラマや小説で、
「あの終わり方は納得いかない」ということはありませんか?

そんなとき、(自分ならこうするのに)という誰かのオリジナル展開が他の人の共感を得て、
「○○さんの考えたこれこそトゥルーエンド」
「もうこれがトゥルーエンドでいい」と表現されるなど、
ゲーム以外のメディアにもトゥルーエンドという言葉を使うことができます。

ゲームをモチーフにした『仮面ライダーエグゼイド』では、
最終回の後の物語が単独映画化され、
『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』という題がつけられています。
(2017年、東映系)

いかがでしたか?
トゥルーエンドは、もりあがる話題のひとつです。
意味を把握して、みんなで熱く語り合うのも楽しいですよ。