「万死に値する」とは?意味や使い方を解説!

万死に値するとは

「その罪は万死に値する」と言う言い回し。

政治家が誰かを非難するときや、アニメ・小説でひどい裏切りをした人物がいたときなど、端的に怒りを表す言葉として知られています。

しかし「万死に値する」とは、そもそもどういう意味なのでしょうか。

万死に値するの意味

日常会話ではあまり使われることが多くはない「万死に値する」。

読み方は「ばんしにあたいする」です。「まんし」ではありません。

読んで字のごとく、意味は「一万回死ぬに相当する」ということです。

つまり、「一万回殺しても殺したりないくらい」、「何回も死ぬのにふさわしいくらい」凶悪なことをしたんだぞ、という表現です。

もちろん何回も死ぬなんて、現実には難しい話です。

言ったほうも言われたほうも、どうにかできることではありません。

ですから「万死に値する」は、あくまで比喩表現といえますね。
単純に「死ね」というより、怒りが感じられます。

万死に値するの由来

では「万死に値する」とは、どこから生まれた言葉なのか?それは中国の、「罪該万死」ということわざから。

意味は同じように、「一万回死んでもいいくらいの大罪を犯した人」という意味です。

結構古い表現の四字熟語なので、小説やアニメでこういった言い回しをするキャラクターは、古風で融通の利かない名家の人間だったり、王様や大臣など位が上の人物だったりします。

日常的にはあまり使わないので、「上から目線キャラ」の使う言葉として認識されることもあるようです。

万死に値するの使い方

「○○が犯した罪は万死に値する」
「○○するなんて、万死に値する行為だ」
「あの事件は非常にむごいものだった。犯人は万死に値する」
というように、凶悪犯罪についての怒りを表す使い方が主です。

一万回死ねばいいと思うなんて、どれほどとんでもないことをした相手に言うのかと正直疑問ですが、発言者がよほど怒りっぽい場合など、実際は「ちょっと腹立つ」程度の相手にも使われる表現のようです。

また、
「期待を裏切った、この罪は万死に値する」
「信頼を傷つけることは万死に値することだ」
「このたびの不行き届き、万死に値すると存じています」など、
深い反省の弁としても使われます。

いかがでしたか?

それほど使う機会は多くないですが、政治ニュースや時代物のフィクションでこの言い回しが出てきたら、それがどれほどひどい罪に向けて発されたのか、注目してみましょう。