「ハムハムポーズ」とは?意味や使い方を解説!

ハムハムポーズ

「ハムハムポーズ」をご存知ですか。最近若い女の子の間で流行っているポーズです。

ここでは「ハムハムポーズ」についてその方法も含めて説明していきます。

ハムハムポーズの意味

「ハムハムポーズ」は下唇を軽くかんで自撮りするポーズのことです。

下唇をハムっと噛むことから「ハムハムとポーズ」呼ばれています。

少し前までの自撮りポーズの定番と言えば、口角をキュッとあげて唇を突き出す「アヒル口」や手のひらを頬に当てる「歯痛ポーズ」などでした。

なんとなく照れているように見えるのが可愛いと若い女の子の間で評判のようです。

元の唇の形も出来に影響する「アヒル口」に対し、「ハムハムポーズ」は下唇をかむだけで誰でも簡単にできることも流行った要因の一つになっています。

また「アヒル口」は明らかにかわいく見えるのを狙ったような表情ですが、「ハムハムポーズ」はそれよりも照れた感じがから控えめに見えるので男性受けもいいようです。

唇をかみしめている様子が言いたいことを我慢しているようなもどかしさを感じると人気があるようです。

もちろん一部からは「あざとい」「きもちわるい」といった意見もありますが、可愛く見えるからこその意見なのかもしれません。

自撮りだけでなく日常でふとした時にも使えるポーズなので、上手く使って好きな男性にアピールする女性もなかにはいるようです。

ハムハムポーズを使った文章・使い方

1.この子の写真のハムハムポーズ可愛い
2.今はハムハムポーズ。アヒル口はもう古いよね。