「課金厨」とは?意味や使い方を解説!

課金厨

今回は「課金厨」という単語を取り上げます。
「〜厨」シリーズの単語なので、知らない方でもあまり良いニュアンスでないことが分かるかもしれません。

「課金厨」は文化が背景にしっかりとある言葉だといえます。
知っておくとネット上で役に立つこともあるので覚えておきましょう。
それでは「課金厨」の正しい意味や使い方の紹介です。

課金厨の意味

「課金厨」とは「課金をし過ぎる中毒者」を意味します。
基本無料のゲームに重課金をして、熱中している人を指しているのです。
またそういった人たちを揶揄しています。

スマホゲームをやったことのある方は分かると思います。
基本プレイは無料で出来るのですが、アイテムやキャラクターをゲーム内で獲得するのにガチャを回します。

レアリティの高いアイテムやキャラクターはなかなか出ません。
それらを獲得するには課金が必要となるのです。
この過程で注ぎ込んだ金額や、それによって獲得したレアキャラを自慢する人たちを揶揄するための言葉となります。

このように「〜厨」とつく言葉は揶揄する単語となり、今回は中毒者の意味で「ちゅう」を当てているわけです。

課金厨の反対語

「課金厨」はゲームへの重課金者を指していましたが、反対語には「無課金厨」という言葉があります。
こちらは一切の課金をせず、無課金であることを自慢し課金者を批判する人に使われるのです。

本来ゲームへの課金は価値観ですので課金、無課金に善悪はありません。
自慢したり揶揄したりがあるため、このような言葉が生まれました。
また課金の金額の度が過ぎること自体も原因の1つといえます。

このようにスマホゲーム文化という特有の背景があって、誕生した言葉なのです。

課金厨の使い方

1.ゲームにいくら注ぎ込んだところで自慢にはならないよ。
ただの「課金厨」扱いで終わりじゃん。
2.無課金を否定する「課金厨」は悪質だよな。