「せやな」とは?意味や使い方を解説!

せやな

せやなという言葉を耳にしたことはありませんか?

「せやな」という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか。

この記事では、「せやな」の意味を解説させていただきます。

せやなの意味

それでは、せやなの意味について説明します。「せやな」は、同意していることを示す言葉です。

そやな・そうだね などと同様の言葉になります。

「せやな」という言葉は、もともと関西の方言ですが、今はSNSで関西だけではなく全国で使われています。

「せやな」は、親しい間柄で使用する言葉です。

そやな・そうだねと同じニュアンスですので、目上の人には使わないようにしましょう。

せやな という言葉の「せや」にも色んな種類があります。

例えば有名な名探偵コナンに出てくる服部平治がコナンに向かって「せやかて工藤」というセリフがありますね。

この「せやかて」は、反対意味の時に使用します。「せやな」とは逆の言葉ですね。

他にも、せやろか?(疑問)、せやろが(強要)といった言葉があります。

何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン

GYARI(ココアシガレットP)が作詞作曲した「Seyana.」(通称:何でも言うことを聞いてくれるアカネチャン)では同意を表す「せやな」が多用されています。

せやなを使った文章・使い方

それでは、せやなを使った文章や使い方を説明します。
【例文】
・「今度の休み一緒にドライブいこうよ」「せやな」
・「明日、学校に一緒にいこうよ」「せやな」

【使い方】
使い方は、そやな・そうだね と同様に相手への返事として使用します。
同意・賛成を意味する言葉です。
そうだねと比べて、ノリが良い雰囲気で「せやな!」と言います。

いかがでしたか?
せやなという言葉は、そやな・そうだねと同様の言葉で、関西だけではなく全国で使われています!
友人にノリ良く返答するときに「せやな!」と使ってみてください。