「ブーメラン」とは?意味や使い方を解説!

ブーメラン

ブーメランという言葉を耳にしたことはありませんか?
「ブーメラン」という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか。

この記事では、「ブーメラン」の意味を解説させていただきます。

ブーメランの意味

それでは、ブーメランの意味について説明します。
一般的なブーメラン(boomerang)は、狩猟やスポーツに使われる道具の一種です。
手で投げて飛ばすことができ、弧を描くように自分の手元に帰ってくるのが特徴です。

ですが、近年では別の意味があります。

自分が発した批判や発言が、自身に当てはまり、発した言葉がそのまま自分に戻ってくることを意味します。
・「物を大切にしなさい!」と言っている人が、物を粗末に扱っている人
・「最近の若者は、運転マナーが悪い」と言っている人が、運転マナーが悪い人

そんな状況や人に対して“ブーメラン“という言葉を使います。

さらに強調する言い方で、「特大ブーメラン」という言葉があります。
意味はブーメランと同じですが、大きな発言でそれが自信に当てはまってしまった場合にブーメランを強調する言葉になります。

ブーメランを使った文章・使い方

【例文】
・あの人の発言は、ブーメランだね。
・散々批判した割にブーメランだ。
【使い方】
自分のことを棚に上げて、物事への批判や文句を言っている人はブーメランであることが多々あります。
批判したことが、自分に当てはまっていれば、まさにブーメランでしょう。

いかがでしたか?
ブーメランという言葉には、批判したことが自分に当てはまってる場合に使います!
発言がブーメランにならないよう気を付けたい所です。