「ミュート」とは?意味や使い方を解説!

ミュートとは

パソコンのスピーカーの調節で、音量がゼロになると出る「ミュート」の文字。

あるいはスピーカーアイコンを一発クリックで「ミュート」になって、動画や楽曲の音が消えることもありますね。

しかしミュートとは、そもそも何なのでしょうか。

ミュートの意味

ミュートとは「テレビやスマホなどの音を出さない」という意味です。

テレビのリモコンやパソコンの動画サイトで「消音」ボタンを押したり、スマホや携帯をマナーモードやサイレントモードにしたりする状況のことですね。

ともあれ、ミュートという表示が出たら、消音という意味になります。「消音」よりわかりやすい響きかもしれませんね。

ミュートの語源

「ミュート (mute)」 本来の意味は、「無音」「沈黙」を意味する音楽用語です。

静かな楽曲の演奏の際や、曲にメリハリをつけるために、何らかの方法で音を弱める奏法のことです。

ここから「楽器の弱音器」、つまり楽器の音を弱めるために、楽器に直接取り付ける機械のことを指すようにもなりました。

なので音を出さないという意味で使われるのです。

ツイッターなどSNSでのミュート機能

ミュートにはもうひとつ意味があります。

それはツイッターやインスタにおける「ミュート機能」です。

上記二つと違って、音はさほど関係ありません。

ツイッターやインスタにおけるミュートは、「自分がフォローしている特定ユーザーアカウントの投稿(ツイート)を、一時的に非表示にする」ことです。

非表示というだけなので、ブロック、アンフォローとは異なります。そのユーザーのフォローは、したままになっているのですからね。

ブロックしてしまえば、相手もこちらに繋がらないわけですから、ブロックしたことがばれてしまいます。

しかしミュートするぶんには、相手にはわからないので安心です。

不愉快なツイートが連続するような環境でも、ミュート設定したら楽になるでしょう。
(もちろん解除もできます)

いかがでしたか?

パソコンのミュート表示はよくお目にかかるかもしれませんが、
今では音声以外にも、幅広い意味で「ミュート」が使われているのですね。

ミュートの使用例

「電話がかかってきたので、その間はテレビをミュートにする」
「音声が邪魔なので動画をミュートにした」
「寝ている間は、スマホの音量をミュートにしている」
「講義中はミュートにしていたので、メールに気づかなかった」などの使用例があります。