「リアタイ」とは?意味や使い方を解説!

リアタイとは

「リアタイ視聴」など、ネットでよく見るリアタイ。

「リタイア」ではありません(笑)いったいどういう意味なのでしょうか?

リアタイの意味

リアタイとは、「リアルタイム」の略。つまり同時、現在進行形という意味です。

本物のことを「リアル○○」と言ったり、幸せな人を「リア充」といったり、「リアル」を使った若者用語はたくさんあります。

しかしSNSやツイッターで、今見ているドラマやアニメの感想をそのままつぶやくことができるようになった昨今、「リアタイ」はさらによく使われるようになったようです。

リアタイの使用例

忙しい現代、テレビ番組は録画して週末にまとめて観たり、動画サイトやネット配信サービスなどで後から観たりするケースが増えています。

しかし「ファンなら放映時間にきちんと観なくては!」と言う風潮は強く、そうした意味合いでツイートする場合、「リアタイ」の文字が飛び交います。

「今週もリアタイで観られる」
「残業になったからリアタイ無理だ」
「今日の試合リアタイ観れないつらい」
「定時で終わった!今日はリアタイ組になれそう嬉しい」
「リアタイ羨ましい」

生放送やスポーツ観戦、お気に入りのドラマやアニメなどのファンが集まる場所では、
こうしたツイートが多く見られます。

リアタイの別の使い方

昔のバンドやテレビ番組などを、後から知って好きになったという若者もいます。

そんな文化を、リアルタイムで見ていた年長者は「リアタイ世代」と言われます。

「リアタイ世代じゃないけど、あのバンドカッコいい」
「リアタイ世代と一緒に共感するドラマ」などとして使われます。

また、「何かに参加する」「誰かと会っている」場合も、「リアタイ」が使われます。

「○○のライブにリアタイ予定!」や「○○ちゃんとリアタイしてます」というように、「なう」と似たような意味合いの表現になります。

いかがでしたか?

「リアルタイム」は、日常的に使う言葉なので、比較的便利かつわかりやすい表現です。

年代問わず、何かのツイート時にぜひ使用してみてくださいね。