「クレメンス」とは?意味や使い方を解説!

クレメンスとは

「助けてクレメンス」など、お願いを意味するような意味合いで使われる「クレメンス」という言葉。

個人的には『いとしのクレメンタイン(Oh, My Darling Clementine)』というアメリカ西部開拓時代の歌を彷彿としましたが、クレメンスとはどこからきた、どういう意味の言葉なのでしょうか。

クレメンスの意味

「クレメンス」はいわゆる「なんJ(=何でも実況板)」語で、「○○をくれ」「○○してくれ」という意味です。

「教えてくれ」だとなんだか偉そうで、ネット上では喜ばれません。

しかし「教えてクレメンス」と言うと表現が柔らかく、かつネット用語っぽくなります。

どちらかというと「くれ」より「ください」に近いニュアンスも含みます。ちょっと丁寧な言い方になるのですね。

言い回しとしては、「許してちょんまげ」「ざまあみそしる」のような、あえて余計なものをくっつける、昔からあるシャレ言葉になるのでしょうか。

同じ意味合いとして、かつては「キボンヌ」がよく使われました。

「○○希望」という使い方でしたが、名詞の後にしか使えないので、「クレメンス」のほうが普及したように思えます。

クレメンスの由来

そもそもクレメンスとはどこから来た言葉なのでしょうか。地名?人名?

正解は、元メジャーリーガーの「ロジャー・クレメンス」選手です。
(一応注釈、先述のクレメンタインは女性名、こちらは苗字)

ロジャー・クレメンスは、オハイオ州出身のアメリカ人。

ポジションはピッチャーで、メジャーデビューは1984年。

ボストン・レッドソックスやヒューストン・アストロズ 、ニューヨーク・ヤンキースなど、有名な球団に数多く所属し、WBCにも2006年出場しています。

シーズン通算史上初、1敗のみで20勝を挙げた投手として、歴代最多の7度目、最年長42歳で、最多4球団からサイ・ヤング賞(年間優秀選手賞)を贈られた有名選手です。

外国人の苗字だから、カタカナ表記が一般的なのですね。「教えてくれめんす」と、ひらがな表記するのは正しくないといえます。

クレメンスの使い方

クレメンスの使い方は、なかなかに幅広いです。

「元ネタクレメンス」「画像クレメンス」のように、「キボンヌ」同様に名詞の後につけて使う言い回しができます。

加えて、
「ちょっと聞いてクレメンス」
「仕事が終わらない、助けてクレメンス」
「許してクレメンス」
「良い子紹介してクレメンス」
というように、お願いする言葉の次につけて使うこともできます。

使いやすい表現なので、ネット上でたちまちよく使われるようになりました。

いかがでしたか?
みなさんも何かして欲しいときに、語尾につけて使ってみましょう!?