「OVA」とは?意味や使い方を解説!

OVA

OVAという言葉を耳にしたことはありませんか?

「OVA」という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか。

この記事では、「OVA」の意味を解説させていただきます。

OVAの意味

OVAはOriginal Video Animation (オリジナル・ビデオ・アニメーション)の略称です。

OVAは、テレビアニメ作品とは違い、DVDやBlu-rayなどの記憶媒体での発売・レンタルが主のアニメです。

初期の頃は、OAV(オリジナル・アニメーション・ビデオ)と言い方でしたが、AV機器やアダルトビデオと混同してしまう可能性があっため、OVAとなりました。

テレビアニメでは、スケジュールや予算にも成約があります。放送コードもあるため表現が一部制限されてしまいます。

それを気にせずに制作できるのがOVAです。映画よりは短期間、低予算で作成されます。

押井守監督が制作した「ダロス」が世界初のOVAと言われています。

近年では、テレビアニメ放映→DVDやブルーレイを販売して回収、という流れが確立されているため、OVAが制作されることは少なくなりました。

OVAを使った文章・使い方

それでは、OVAを使った文章や使い方を説明します。
【例文】
・あのOVAは、とても面白かった。
・OVA作品がTV化するらしいよ。

【使い方】
テレビアニメ・劇場版アニメではなく、ソフト販売するアニメをOVAと言います。
OVAからテレビアニメ化されたこともあります。

過去にOVA作品としてリリースしたものは
「らき☆すたOVA」「機動戦士ガンダムUC」「とある科学の超電磁砲」「ああっ女神さまっ」などがあります。

いかがでしたか?

テレビアニメ・劇場版アニメとは違い、ソフト販売してリリースするアニメがOVAです。

様々なOVA作品で検索すると、今まで聞いたことがないアニメを見られるかもしれませんね。