「無理ゲー」とは?意味や使い方を解説!

無理ゲー

こんなの無理ゲーだろ!という言葉を耳にしたことはありませんか?

「無理ゲー」という言葉には、どんな意味が込められているのでしょうか。

この記事では、「無理ゲー」の意味を解説させていただきます。

無理ゲーの意味

それでは、無理ゲーの意味について説明します。

基本的な意味は、難易度が高くクリアすることが困難なゲームを指す言葉です。

ゲームを指す言葉でありながら、ゲーム以外にも使われ、難易度が高い状況・過酷な状況を意味します。

仕事の上でも達成することが困難な課題・納期・ノルマなどに対して無理ゲーと言う場合もあります。

無理ゲーを使った文章・使い方

それでは、無理ゲーを使った文章や使い方を説明します。

【例文】
・このゲームの難易度高すぎてクリアできない!無理ゲーすぎる!
・仕事のノルマがきつくて無理ゲー。
・課題が終わらない無理ゲーだ。

【使い方】
達成することが困難な事柄に対して、「無理ゲー」という使い方がほとんどです。

難易度のレベル的には以下のニュアンスです。
簡単(EASY)<<<普通(NORMAL)<<<難しい(HARD)<<<無理ゲー<<<不可能

一般的な難しいよりも更に難易度が高い事柄を指しています。

ゲームの場合、無理ゲーのことを鬼畜ゲーと言い換えることもできます。
ですが、鬼畜ゲーは主にゲームを指し、現実の仕事や課題に対しては鬼畜ゲーという言葉は使いません。
① 「この仕事鬼畜すぎる」※鬼畜ゲーとはあまり言いません。
② 「この仕事無理ゲーすぎる」
上記①・②は、ほとんど同じ意味で使われています。

いかがでしたか?
“無理ゲー“は、ゲームだけではなく、仕事・課題に対しても使える言葉です。
難しいを超えて困難な状況では“無理ゲー“と使ってみてください。