「あーね」とは?意味や使い方を解説!

あーね

「あーね」という言葉が若者の間で流行っています。女子高生流行大賞ランキングでも上位にランクインしています。

皆さんには聞き慣れない言葉です。意味もよくわかりません。

「あーね」は、LINEやSNSなどで若者がよく使っているところから広まっていったのです。

「あーね」の意味や使い方がよくわからない人が多いのではないでしょうか?これを機会に「あーね」を理解して、株をあげてみてはどうでしょうか?

あーねの意味

「あーね」とは、相手に対して「あー、なるほどね」「あー、そうだね」といった「納得や理解」を意味します。

会話の途中で相手の会話に対して相槌をうつときに使います。「へぇ」とか「そうなんだ」と同じ使い方です。

「あーね」を使っている人たちの共通の感覚は、「なるほど」より賛成する気持ちがこもっているそうです。

そして、会話やSNSでよく使われるのは、会話を柔らかい印象にする言葉だからそうです。

友達とのトラブルを避けたいという、今どきの若者らしい気づかいがこもった表現です。

あーねの由来

「あーね」は、九州・福岡の方言が由来の言葉です。SNSから全国に広まったという説があります。

今、若者が使っている「あーね」が九州の方言だとは以外ですね。

あーねを使った文章・例文

1.A「なんであのコ若い子と一緒に遊ばないのかな~。」B「あのコ枯れ専なんだってさ~。」A「あーね。」
2.「ここは3を足して、2をかけるんだよ。」「あーね。わかったよ。」
3.「体調が悪くて寝込んでいたんだ。」「あーね。大丈夫?」