ITでよく使われるインポートとは?意味や使い方を解説!

インポート

「インポート」という言葉をご存知でしょうか?

IT要素が強く、エンジニアやデザイナーなどがよく使う単語です。

しかしながらスマホの普及などで「インポート」を見かけることが増えました。

今回は「インポート」の正しい意味や使い方を紹介します。しっかりと押さえていってください。

インポートの意味

「インポート」の意味は、他のアプリケーションで統一された形式に変換し、データやファイルを読み込むことを指します。

基本的にはtsvやcsvの形式に変換して取り込みます。

たとえばエクセルなどで作成されたcsvファイルを、ブログ(ワードプレス)などで読み込むことをインポートといいます。

大量のデータを全て手入力していくと時間や手間がかかってしまうので、エクセルやプログラムで必要なデータを一括で管理して読み込みたいときに使われます。

インポートは専門用語ではない

インポートなどのIT要素の強い言葉を目にするようになってきました。

スマホの普及が大きく影響していると思います。

「インポート」も実際にごく普通に使用される単語となってきたのです。また対義語の「エクスポート」も同様となります。

多くの方がパソコンを持ち、ほとんどの形がスマホやタブレットを持つ現在ではこのような用語を知る必要が出ています。

覚えておいて損はないでしょう。

インポートの使い方

インポートを使った例文を紹介します。
1.連絡先を「インポート」しよう。
2.csvファイルを「インポート」したいんだけど。