「ウタエル」とは?意味や使い方を解説!

ウタエル

今ではYouTuberは子供たちの将来なりたい職業ランキングにも入ります。
「ウタエル」もそんなYouTuberですが、注目されたきっかけは少し特殊かもしれません。

ウタエルの意味

「ウタエル」は仮面系音楽YouTuberです。時事ネタや炎上ネタ、他のYouTuberなど話題の人をネタにしたオリジナルソングにすることで有名です。

YouTubeのチャンネル開設は2017年7月6日。

2019年6月時点でチャンネル登録者数は22万を超えるほどの人気があります。

そんなウタエルですが、有名になったきっかけは炎上系YouTuberとして有名な「シバター」にコンサルトをしてもらったということです。

シバターのコンサルト企画に合格したのがウタエルです。

その条件は「①料金は3ヶ月100万(チャンネル登録者数10万人目標)、②動画の収益20%を永続的にシバターに支払うこと、③その人に合ったプロデュースを行う」でした。
シバターが自身の動画の中でコンサルトする相手はウタエルであることを明言し、ウタエルは一躍注目をあびました。

もともとウタエルは以前からYouTubeで活動していましたが再生回数は200回程度と伸び悩み、シバターに依頼をしました。

ウタエルの外見は人気YouTuberの「ラファエル」と似た仮面や服装をしているのもシバターの勧めだそうです。

あえて有名なラファエルの真似た服装をすることで、初めて見る視聴者に親しみや話題性もたせ呼び込むことが目的です。

音楽系YouTuberなのもウタエルは作曲が得意ということでシバターが発案したそうです。

ちなみにウタエルの正体はイセイジンというバンドの「ダブル佐藤」という人だと言われています。

ウタエルを使った文章・使い方

A:ウタエルの歌的確で面白いよね
B:シバターのコンサルト力すごい