「エグい」とは?意味や使い方を解説!

エグいの意味や使い方を紹介します。

「エグい」という言葉は既に多くの方がご存知でしょう。普通の会話にもよく出てきます。

また自分が使わなくても、テレビで喋ってる中に含まれていたりします。

ネットで見かけるだけでなく、リアルの世界で耳にすることも多いです。

そんな「エグい」の正しい意味や使い方を紹介していきます。

現在よく使われているエグいの意味と本来の意味

「エグい」とは一般的には「アクが強く喉や舌を刺激する味」、「えがらっぽい」という意味です。

ただ現在ではこれらの意味から転じた使い方が広まっています。

「エグい」の実際に広く使われている意味には複数のものがあります。

「きびしい」「きつい」「気色悪い」「残虐な」などです。

本来の「喉や舌を刺激する味」、「えがらっぽい」だけでは使用範囲が限られ過ぎています。

一方で転じた側の意味ならば使用範囲も広がり、気軽に使うことができるのです。

そのために、より一層の広がりが世間一般にまで及んだのだとされています。

広まったキッカケは「1981年のコンタック600」のCMだとされます。

エグいの意味の広がり

「エグい」は、上記の「きつい」などのマイナスではない意味でも使われます。

若者を中心に「カッコいい」「凄い」などの良い意味でも使われているのです。

なんにでも「ヤバい」を使う文化は周知の通りかと思います。これと同じニュアンスで「エグい」を使うのです。

手軽に気軽に使える言葉として「エグい」は浸透しています。

エグいの使い方

エグいを使った例文を紹介します。
1.缶ジュースの糖分量って「エグそう」だよな。
2.来月のシフトが「エグい」ことなってるわー。
3.芸能人を見かけたんだけど、オーラ「エグい」!
やっぱ違うよなー。