「ガチ勢」とは?意味や使い方を解説!

ガチ勢

「ガチ勢」という単語についての紹介です。
インターネットをよく使う方で、SNSや掲示板をよく見ている方なら目にしたことがあるかもしれません。

リアルの日常生活にも浸透しているので、若者を中心に多くの方が見たことや聞いたことがあるのではないでしょう?

「ガチ勢」の正しい意味や使い方を紹介します。

ガチ勢の意味

「ガチ勢」という単語をよく見かけるようになったのは2010年頃です。

元々は、オンラインゲームやアニメなどのファンたちの間で使われていました。

「ガチ勢」は「ガチ」と「勢」の二つに分けられます。

「ガチ」は「ガチンコ」で「本気や真剣」という意味です。

「勢」は「集団」や「〜人たち」といった一括りとする意味となります。

つまり「ガチ勢」とは「本気でゲームをする人の集まり」という意味で使われ始めたのです。

ゲームのためなら時間、お金の両方を幾らでも使うヘビーユーザーたちを指しています。

元々はオンラインゲームを中心に使われていましたが、その後は徐々に広まります。

そしてアニメ、声優のファン、鉄道マニアやヲタクに対しても使われるようになりました。

今では対象の括りはあまりなく、広くリアルの日常でも使われます。

ガチ勢の類義語と対義語

オンラインゲームなどのゲームに限られますが、「ネトゲ廃人」が類義語となります。

いずれもゲームに時間、お金を注ぎ込む本気の人たちです。

ですが「ガチ勢」よりも「ネトゲ廃人」の方が、負の(マイナス印象)ニュアンスが強くなります。

意味に直すと似ていますが、ニュアンスが異なりますので注意が必要です。

対義語については「エンジョイ勢」という単語が当てはまります。

「ガチ勢」が「本気」に対して、「エンジョイ勢」は「軽く、気楽で、楽しむ」ことを目的とするのです。

ヘビーユーザーに対するライトユーザーに近いニュアンスと言えます。

このように楽しみたいのでガチ勢お断りということもあったりします。

ガチ勢の使い方

「ガチ勢」を使った例文を紹介します。
1.「ガチ勢」名乗る「エンジョイ勢」多過ぎ。
2.「ガチ勢」と「エンジョイ勢」は存在意義が異なる。
永遠に分かり合うことはないのだ。