「CMS」とは?意味や使い方を解説!

CMS

皆さんはWebページを作成しようと思ったことがあるでしょうか。

Webページを作るためにはHTMLやcssなどWebの専門知識が必要なため、ハードルが高いと感じている方も多くいらっしゃるかもしれませんね。

そこで今回はそんなWebページが簡単に作れるよう支援してくれる「CMS」についてご紹介していきます。

CMSの意味

CMS(Content Management System:コンテンツマネジメントシステムとは)、これまで専門知識を持った人でないと触れられなかったWebコンテンツを、専門知識がない人でも簡単に管理できるように開発されたシステムのことを指します。

従来のWebページ制作ではHTMLやCSSといった専門的な言語で書かれたファイルを用意し、それらをサーバにアップロードし、必要に応じてページ間のリンクをはったり画像の管理をしたり、と知識の無い人にとっては学習コストや手間が非常に大きいものでした。

それに対し、CMSではページの作成をWordファイルを作成するように文字を入力したり装飾したり画像を挿入したりしながら簡単に作ることができ、テキストや画像ファイルもCMS側で一元管理されます。

また複数人での作業にも強く、必要に応じアクセス権を付与したユーザを作成することで安全に複数人でサイトを運営することができます。

その他、デザインの統一がしやすくサイトに一体感がしやすい、事前に検索エンジン対策がなされた構造になっているといったメリットも持ち合わせています。

CMSを使った文章・使い方

1.CMSを導入したことで社内のWebページ運用が複数人で行えるようになった。
2.CMSはSEO対策にも大きな効果を発揮する。