「マーケットプレイス」とは?意味や使い方を解説!

マーケットプレイス

皆さんは「マーケットプレイス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

インターネット上で買い物をする方であれば聞き馴染みのある言葉かもしれませんね。

今回はこのマーケットプレイスについて詳しく見ていきます。

マーケットプレイスの意味

「マーケットプレイス」とは、ものを買いたい人(バイヤー)と売りたい人(サプライヤー)が自由に参加できるインターネット上の取引市場のことを指します。

サプライヤーは個人でも企業でも誰でも関係なく出品することができ、インターネットを通じてこれまでつながってこなかった多くの人達の間で取引ができるようになりました。

いまやWebサイトやスマートフォンアプリを利用して、商品の登録からメッセージのやり取り、決済や商品発送に至るまで手軽に行える仕組みが整っています。

また、このマーケットプレイス上でやり取りされるものも多様化しており、単純な商品の売買だけにはとどまらなくなっています。

空き部屋やり取りするようなサービスから、移動したい人向けに配車をしてくれるようなサービス、翻訳スキルやプログラミングスキルといった個人の「能力」を貸し出すサービスなど、形のないものを売買できるようになっています。

マーケットプレイスを使った文章・使い方

1.マーケットプレイスを利用して気軽に商品が出品できる。
2.自分の持っているスキルや知識を売り買いできるマーケットプレイスも出てきている