「インジェクション攻撃」とは?意味や使い方を解説!

インジェクション攻撃

皆さんもサーバが攻撃を受け被害を被ったといったニュースを見聞きしたことがあるかもしれませんね。
企業や国のサーバに対して

悪質な攻撃やハッキングを行う手段は数多く存在しますが、今回はその中で「インジェクション攻撃」と呼ばれる手法についてご紹介していきます。

インジェクション攻撃の意味

「インジェクション攻撃」は主にサーバに対するサイバー攻撃の一種で、文字入力を受け付けるプログラムに対し、攻撃者が何かしらの意味を持つ命令を送ることで想定外の挙動をさせたり、データを抜き取ったりする攻撃のことを指します。

インジェクション攻撃の中にもいくつか種類があり攻撃する対象によって名称が異なってきますが、その中でもよく行われるものとしてSQLインジェクション攻撃が挙げられます。

SQLインジェクション攻撃は、データベースに対して意味を持つSQL文という命令を送り情報の改ざんや消去を行うというもので、受けたときの被害が特に甚大となります。

システム開発者はこういった攻撃を予見して予め特定の文字列を受け付けない、受け付ける文字列のルールを設けるといったように攻撃を防ぐことのできる仕組みを作っておくことが重要となります。

インジェクション攻撃を使った文章・使い方

1.インジェクション攻撃を受け、顧客情報が30万件流出した。
2.インジェクション攻撃を防ぐために意味のあるメタ文字をエスケープすることが有効