「暖簾スレ」とは?意味や使い方を解説!

暖簾スレ

皆さん、「暖簾スレ」という言葉をご存知ですか?ネットで野球実況を見るという人にはおなじみかもしれませんね。でも実際に言葉の由来や具体的な意味について知っている人はそう多くはないかも。

今回は、「暖簾スレ」の意味や例文も含めて紹介していきたいと思います。

暖簾スレとは

「暖簾スレ」とは、野球でいう抑えや中継ぎの役割を持つ投手が登板した際の、実況ネタスレを総称した言葉。2チャンネル掲示板の「なんでも実況J板」のスレのひとつ。

スレのタイトルは文字と文字の間に線が入り、暖簾のように書かれているのが特徴です。

元北海道日本ハムファイターズで現在社会人野球・日本通運の武田久が、当時登板の際になんJで立っていたネタスレである「武田寿司」に始まり、今では暖簾のように非常に多くの中継ぎや抑え投手のスレが存在しています。

 ̄| 武|田| 寿| 司 | ̄

なぜここまでたくさん増えていったのかというと、選手名やエピソードにちなんでタイトルもつけやすく、簡単にスレを開設することができる便利さが理由の一つとなっています。

また暖簾スレでは、選手にキャラ設定を行なって、シナリオ仕立てのストーリーを展開しています。

スレによってはかなりの人気が出るものもあり、スレの中で使用されている呼び名が実際に球団公式の場で使われたこともあって、暖簾スレの影響の大きさをうかがい知ることができます。

代表的なものが2018年、ヤクルト所属の石山泰稚選手。暖簾スレ内では、本願寺の和尚と呼ばれていました。相当な人気を博し、マスメディアにまでその情報は流れ、テレビや新聞などでも本願寺の和尚と呼ばれるようになったのです。

暖簾スレ を使った文章・使い方

では、「暖簾スレ」を使った例文を紹介していきたいと思います。
・開幕してからの暖簾スレがやたら多い。
・暖簾スレを見ると野球が始まったんだなって感じる。