「さいてょ」とは?意味や使い方を解説!

さいてょ

「さいてょ」という言葉を見ても何のことかピンと来ない人や、そもそも発音の仕方もよくわからない人も多いでしょう。

実はこれはある人物のことを指しているんです。

さいてょの意味

「さいてょ」とは、北海道日本ハムファイターズに所属する斎藤佑樹選手を指した呼び名です。

2ちゃんねるの掲示板「なんJ(なんでも実況ジュピター)」では「さいてょ」を省略し「てょ」と表現されることもあります。

なぜ斎藤佑樹選手の名前が「さいてょ」となったかというと、2011年3月21日の日本ハム対阪神タイガースのオープン戦で観客席にいる女性が「SAITHO(正しくは「SAITOH」)」と誤ったスペルで書かれた応援ボードを持っている姿がTV画面に映し出され、中継を見ていたなんJ民の間で話題となったことに由来します。

「SAITHO」をパソコンで入力すると「さいてょ」となり、その音の響きがなんとも力の抜けるのが受けたためか、なんJでは斎藤選手のことを「さいてょ」と呼ぶようになりました。

ちなみに斎藤選手は「さいててょ」以外にも「カイエン青山」と呼ばれることもあります。

これは彼が2011年あるTV番組で「カイエンに乗りたい」「青山に土地を買いたい」と発言したことから名付けられたようです。

「さいてょ」も「カイエン青山」も斎藤選手の示す言葉として度々使われますが、「さいてょ」のほうが響きが柔らかいからなのか使われることが多いようです。

さいてょを使った文章・使い方

1.ようやくさいてょ登板か
2.さいてょどうした?