「カッスレ」とは?意味や使い方を解説!

カッスレ

皆さん、「カッスレ」という言葉をご存知ですか?インターネット掲示板を良く見る人やスポーツ好きな人は耳にしたことがあるかもしれませんね。

どんな意味の言葉なのでしょうか。

今回は、「カッスレ」の意味や例文も含めて紹介していきたいと思います。

カッスレ

「カッスレ」とは、2ちゃんねるの掲示板の一つであるなんでも実況J(野球ch)の名物ネタスレのこと。

大正義巨人軍に所属する巨人小笠原という人物が登場します。

ここで思い浮かぶのが、現実に存在する中日の二軍監督を務める小笠原道大選手ですが、一応カッスレとは無関係であるということになっています。

なぜこのカッスレが誕生したのかというと、2006年に北海道日本ハムファイターズに所属していた小笠原選手が巨人へ移籍。

日本ハムの条件には乗らず、巨人の条件には乗ったためファンから強い反感を買うことになります。

それから、小笠原選手と名前が似ているものの全く別の人物「巨人小笠原」がなんでも実況Jに登場し、現実の小笠原選手を揶揄するようなネタが多く投稿されるようになりました。

巨人小笠原に関する内容をニュース風の見出しで投稿するというのが、スレの傾向になっています。

例えば、「巨人小笠原、山の日を満喫して死亡」「巨人小笠原、大坂の陣で死亡」など。

毎回スレの見出しでは死亡と流れますが、翌日にはきちんと試合に出るという一連の流れができています。

これは、実際の小笠原選手が、試合中に途中交代になっても、次の試合にはしっかりと出場する様子が元のネタになっているとも言われています。

カッスレ を使った文章・使い方

では、「カッスレ」を使った例文を紹介していきたいと思います。

・久々にカッスレ見た。
・今の時代、カッスレを知らない人も結構いそうだ。
・カッスレを読むくらいしか最近の楽しみがない。